2012年12月31日

今年もあとわずかとなりました!!

PAP_0000.JPG今年一年大変お世話になりました。グッド(上向き矢印)皆々様ありがとうございましたハートたち(複数ハート)後半ナムのひろば文化会館の準備などで忙しくなり、ブログの回数が減ってしまいましたたらーっ(汗)ブログに載せようと結構写真は撮っていたのですが、”つぶやき”コーナーなどをしてパタンとパソコンを閉じてしまいましたふらふら来年はもっと頑張って更新いたしましょうexclamation×2来年もどうぞよろしくお願い致しますグッド(上向き矢印)写真は、先日宮崎の知人からの贈り物ですわーい(嬉しい顔)”自然流”を貫いてられる御仁で、とある(コンピューター?)会社を定年退職後、退職金で遠いいかの地「宮崎」に広大な農地を求められ、自給自足・晴耕雨読の生活を楽しんでいらっしゃいます。野菜のほか果樹など350本、囲いとしてお茶の木を一千本ほど植えているとか…無農薬を目指し虫よけにはミントを植えているそうです。畑には烏骨鶏を放し飼いにし、モグラもいればシカやタヌキも来るそうです。7反(exclamation×2)もあるから大忙しの毎日で滅多に敷地外に出て人に会うこともないそうです。お商売はしないで趣味で作って、収穫した物はたくさんの知人に送って喜んでもらっているそうです。素晴らしいかわいい頂いた箱を開けてみますと、まずビックリしたのは「ふきのとう」です。まだ12月ですが「ふきのとう」が芽を出したそうですどんっ(衝撃)さっそく佃煮にしました。私大好き揺れるハート真冬に春の香りを頂戴しました。次に、「烏骨鶏の卵」卵かけご飯で頂きました。これも大好き揺れるハートちょっと小さめですがプリプリでした。冬の味覚「きんかん」は祖父が大好きだったので仏壇にまずお供えして、ポリポリ食べました。甘い!!我が家は今日からお節作りに入りましたが、「赤目」さといもの種類の一つですが、祖母が生きていた頃よく送ってきてくれていた芋のように、食べると"つん"と芋の香りがするんです。口うるさい父から「うん、うまいな!」のお言葉を頂きましたるんるんお正月が楽しみです。あと「白目」「聖護院大根」ジャガイモも男爵やメークイーンでなく、「出島」「西豊」まるでお相撲さんの名前みたいですね。こんな品種があるなんて知らなかったです。おでん作りの名人の父に後日おでんにして貰いましょう。色の濃いい「金時人参」は細いので巻きずし用に。俗に西洋人参と言われている「新黒田5寸」は夕食の付け合せに…なんと豊かな気分になることでしょうぴかぴか(新しい)甘夏柑も入れて下さってたな〜心のこもったプレゼントありがとうございますリボン素晴らしい一年の締めくくりになりましたかわいいるんるんかわいい
posted by marimochan at 00:04| 日記

2012年12月06日

ナムのひろば文化会館落成式ーその3

PAP_0001.JPGもう12月になってしまいましたあせあせ(飛び散る汗)あせあせ(飛び散る汗)落成式後は、文化教室関係や設備の設置など毎日バタバタと日が過ぎています。ついついブログも遠のいてしまいましたねー(長音記号1)写真の方は、今をときめく安倍自民党総裁の奥様の安倍昭恵(あべあきえ)さんですぴかぴか(新しい)落成式に「命のつながり」と題して記念講演をして下さいましたexclamation×2正福寺ご住職とは、ミャンマー支援つながりでお知り合いになられたそうですグッド(上向き矢印)私は、安倍総裁のことは解りませんが、昭恵夫人の大ファンになりました。そんな軽々しい方ではなく、私も軽々しい人間ではありませんが、決して美人ではなく、華々しい語り口でなく目を惹きそうに見えません。が、私たちと同じ目線で物事を見て考えられる方で、何が真実か、何が大切で、何が必要で、何をすべきかを、本当に素直な素朴な目で見て考えることの出来る方だなとそして実行力もある方だなと感心しました黒ハートもっと感心したのは、支援活動を始めるに当たって、曽野綾子さんに弟子入りをされたそうです。曽野綾子さんという方も自分に厳しく、真実に大きく目を開いてられる素晴らしい方です。辛口コラムではスパスパ時事問題にメスを入れて、口うるさい我母も、この方には一目も二目も置いています。曽野さんのような、口だけでなく実行力も伴った方がいらっしゃるのは心強い限りですグッド(上向き矢印)私の母校の後輩に藤原紀香がいます。今年創立125年を迎え、落成式前日に藤原紀香の記念講演会がありました。彼女は主にカンボジアに学校を造る支援活動をしています。素晴らしいですね。資金集めに写真展を開いたり頑張っているお話を聞かせて頂きました。昭恵夫人はご主人のアドバイスを得て、ミャンマーに学校を造ろうと支援活動をしてられます。私が心を動かされたお話は「貧しい村だけど、皆が平等で助け合い分け合って、笑顔をキラキラさせて生きてられます。豊かさとはなんだろうと考えさせられます。この村に学校を建てたとしましょう。良く勉強の出来る子はひょっとしたら町の学校に行くかもしれない。そうして地位を得て財産を得るかもしれない。そうして村に豪邸を建てるかもしれない。そうすれば、今まで貧しかったけど助け合って分け合って生きてきた村人の中に貧富の差や身分の差が出来、今まで村人が感じなかった妬み、嫉み、ひがみなどの感情が生まれ、平穏だった村人の生活を乱し、返って不幸な結果になるのではないかと悩んだりします」私たちが良いと思い込んでいるものは本当にミャンマーの人にとって良いのだろうかと真剣に考えてられる姿と思いました。自分の心に問いかけ確かめる様に一言一言大切にお話し下さいました。「ミャンマーの方たちは賢くて、プライドをもって生きてられます。中国に代わる低賃金労働者という目ではくれぐれも見ないでほしい」と訴えていらっしゃいましたひらめき素晴らしいお話しありがとうございましたるんるんるんるんるんるん
posted by marimochan at 23:50| 日記