2015年02月15日

まだまだ春は遠いと思ってましたが…

PA0_0000.JPG先日は急に雪が降ってきましたね雪まだまだ春は遠くていつになったら暖かくなるんだろうたらーっ(汗)と思っていたら、なんと庭の梅が一輪咲きましたexclamation×2春の足音が聞こえてきましたよ揺れるハート1月25日には「ニューイヤーコンサート」にたくさんの方が参加して下さいましたかわいいありがとうございましたかわいいソロ演奏、連弾のほかにピアノ劇「スノーマン」を皆で上演しました。ナレーションは、元生徒さんで、元演劇部のSちゃんが買って出て下さって、ピアノ演奏や合唱をつなぐストーリーに花を添えてくれましたキスマークありがとうぴかぴか(新しい)物語の終わりには、本当にサンタクロースがトナカイさんと一緒にやってきて、良い子の皆にプレゼントしてくれましたexclamation×2お一人おひとりのお力添えのお蔭様で、サプライズ一杯の素敵なコンサートとなりました。改めまして、生徒の皆さん、ご父兄の皆様、Sちゃん、サンタさん本当にありがとうございましたグッド(上向き矢印)今は、受験が終わった人、受験中の人、卒業を控えている人、それぞれの道を懸命に歩んでいると思います。みんな爽やかな笑顔で暖かい春を迎えたいですねわーい(嬉しい顔)ピアノでは、もう少ししたら、コンクールや発表会に向けてエンジン始動でするんるんハートたち(複数ハート)るんるん楽しみですねぴかぴか(新しい)
posted by marimochan at 17:17| 日記

2015年01月18日

新年を楽しくお過ごしのことと思います。

PA0_0001.JPGあっという間にもう1月17日exclamation×220年前の震災の日の驚きと恐怖と悲しみは、今も体に染みついているように思います。昨年末は、インフルエンザにかかり、母に移してしまい、父も38度の高熱を出して大変でした。新年を迎えても体調は十分でなく、母も咳がひどく、父はヘルペスで緊急入院したりと慌ただしい毎日です。でもその大変さとは比べようもない、根底から覆される大変さです。なにしろ二本足で地面に立とうにもグラグラして立てなかったんですもの…でももう20年もたったんですねー(長音記号1)写真は、風邪を引きつつも頑張って母と作ったお節です。さといもは、宮崎の方から頂いて、ごぼうはおじさんから、黒豆は余部に行ったときに購入した丹波もの。材料もいろんな物語がありますかわいいきんとんは今までの中での一番の出来るんるん黒豆と昆布巻きはいつも一級品です。お雑煮はすましです。お餅にちくわに生麩、人参、三つ葉を入れます。今回は、ブリの照り焼きをしなかったので、エビをいっぱい焼きました。他にも、茶わん蒸し用のぎんなんやユリ根も用意しました。今年も、いろんなことがありながらも幸せ黒ハートなお正月を迎えました。感謝ですぴかぴか(新しい)皆さんexclamation今年も良い年にしましょうグッド(上向き矢印)るんるんかわいいるんるん
posted by marimochan at 00:02| 日記

2014年08月10日

凄い台風ですね!!

PA0_0002.JPG時速20Kmのノロノロ台風台風皆さん被害はないですか?自然の猛威は留まるところを知りませんねあせあせ(飛び散る汗)被害に遭われた方にお見舞い申し上げますふらふら写真は白いニガウリです。ご近所さんが育ててられますが、花は普通のニガウリと同じ色で黄色い小さな花が咲きます。緑のカーテンとして今盛んにつるものの植物を植えられる方が多いですが、ニガウリは食べれるし(私は大好きです黒ハート)西日は防いでくれるし、見た目も涼やかで一石三鳥の優れものですねかわいい 白のニガウリは更に涼しげで良いです。突然変異なのかなと思いましたら、元々ニガウリは白、薄緑、濃い緑の3種類あるのだそうです。日本人は濃い色の方が栄養価が高く思うので、濃い緑のニガウリが一般的に広まったそうですグッド(上向き矢印)知らなかったー(長音記号2)味は多少白の方が苦くないそうです。そのうち品種改良してシマシマニガウリや、水玉ニガウリが出来たら大ヒットしますよわーい(嬉しい顔)カボチャでも可愛い観賞用のミニカボチャがありますものねるんるん 話しは大きく変わりますが、先日8月5日に石橋教室のある正福寺のおばあ様がお亡くなりになりました。私が卒業を控えていた時に、縁あって「ピアノの先生を探していますが如何ですか?」と声をかけて下さり、石橋教室を始めさせていただくきっかけを頂きましたのがおばあ様です。私は卒業をすぐに控えて塚口教室らしきものもまだなく、勿論どこにも就職などせず、なんの保証も収入の目途もなく呑気に能天気なものでした。でも、お寺のピアノ教室を任せて頂いたことで「頑張ろうexclamation×2」と意識せずに自分の歩む方向が定まったのだと思います。今思えば、この一歩がなければ人生大きく変わっていたことでしょう。以来30年余り共に歩ませて頂きました。初めは週1日だけでしたが、2日に増え、そしてコーラスもさせて頂くようになりました。たんたんと続く中にも山あり谷ありの道のりを、励まし包み込むように暖かく接して下さいましたことへの感謝は言い表せられません。本当に長い間お世話になりました。98年の人生を全うされましたこと、お疲れ様でした。心よりご冥福をお祈り申し上げます。
posted by marimochan at 13:07| 日記